忍者ブログ

Scríobhaim (仮)

草木花と心、そして日常

カテゴリー「その他旧スベリヒユ科植物」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バザールからお連れ帰りの品々より、その1

今さらですが、日曜日にビッグバザールへ行って来まして。

な◯っちさんと色々お話できたこと、
遠征に来ていた関西方面の方々と交流できたこと、
っていうあたりが一番の収穫だったかと思います。

今回は殆ど人的交流目的で出向いた様なものなので、
大したものは買っていませんがせっかくだから購入品の一部をご紹介^_^;

バザールからお連れ帰りの品々より、その1 (1)
Anacampseros sp.
「アボニア・クイナリア」←たぶん違う
クイナリア?じゃないだろーっていうアナカン。
クイナリアAnacampseros quinariaは、
アルストニーをAvonia quinaria ssp. alstoniiと呼ぶくらいで、
アルストニーとそれなりに共通点がある、、、ハズ。
そう考えるとこの個体はアルストニーとはちょっと違い過ぎて、
従って「クイナリア」とも考え難いって訳です。
分枝のしかたとか花殻とか。
いやまあこれは私の個人的な感覚ですけどw
ウスツラータに似てますが、
ウスツラータはこんなに根元が太くならないんじゃないかと。
とすれば、アレなんじゃない?アレだったらいいなあ、、、というもの。
つまりア◯△●☆マ←伏せ過ぎw
とりあえずクイナリアであってもなくても全く損の無いお値段です。

ちなみに、某ブログでアナカンとアボニアの事が話題になってましたけど、
アボニアてのは基本的にはアナカンプセロスです。
「アボニア」というグループを、属とする(genus Avonia)か
属の下の節とする(genus Anacampseros sect. Avonia)か
によって表記が揺れている訳です。
アボニアという集合を節とした場合、学名としては「アナカンプセロス◯◯」になります。
ちょうどアエオニウムとグリーノビアの関係と同じですね。

ではまた。
PR

テヌイッシマム

6月、一向に動き出さないのに業を煮やして
水をくれたら芽を出した律儀なテヌイッシマムさん。
やったー!と思うも束の間、ある日ふと見ると先っぽが無くなってまして。
テヌイッシマム (1)
、、、何者かに食われたっぽい><

それでもしぶとく見守っていると、
次第に節間が伸び、脇芽が出まして。
そこから伸び伸びし出して、一つ花茎が出て来まして。
、、、そして昨日、ふと見ましたら。
テヌイッシマム (2)
咲いてた♪

テヌイッシマム (3)
もしかしてタリナムの黄花って初めてかも?
例によって一日花ですが、これからどんどん咲いてくれるといいなあ。。。

全体図。
テヌイッシマム (4)
Talinum tenuissimum
タリヌム・テヌイッシムム (タリナム・テヌイッシマム)

何者かに勝手に嫡芯されたおかげで既に分枝してるんで、
せっかくだから切って挿してみるのもアリかも知れない。ムフ♪

アナカンdays

何はともあれ7月ですね。。。
6月は何やらバタついていて、ブログ更新できませんでした。
また、こうも暑い日が続くとブログ書くとかいう気力も無くなります。。。

さて、世間ではなかなか花を見られないという事で知られるアナカンプセロス。
開花したくなる天気というのがあるのでしょうか、
示し合わせたかの様にあっちもこっちも咲く日があったり。
という訳で、6月下旬に咲いたアナカンの花を一挙紹介。

ある日なんて昼過ぎに吹雪の松が咲き春夢殿が咲き、、、
まあこの辺は去年も載せたのであえて撮りませんでしたけど。
この春ヤフオクで入手した「SP.」。
アナカンdays (1)
Anacampseros sp.
アナカンプセロス sp.
出品者さんが四種郵便不対応だったので、送料だけで1鉢分くらい掛かってますが、
思いのほか美花で何となく得した気分♪

それから紅吹雪の松。
アナカンdays (2)
Anacampseros「紅吹雪の松」

アルストニーも後から追加で出て来た蕾が開花。
アナカンdays (3)
Anacampseros alstonii
アナカンプセロス・アルストニー

そして夕方になってサブヌーダ(2号)。
これだけいっぺんに咲いてくれちゃうと、
幸せ通り越して、目が回りますね^_^;
平日という事もあり、じっくり記録できないフラストレーションも。


そしてまた別の日。
かつて唯一のアナカンだった時期もある桜吹雪。
アナカンdays (4)
Anacampseros「桜吹雪」
去年は花芽を出す気配すら見せませんでしたが、
今年は分割した幾つかが開花ステージへ。

この日は夕方になってサブヌーダ2号も再び開花。
アナカンdays (5)
Anacampseros subnuda
アナカンプセロス・サブヌーダ
サブヌーダは夕咲き性のせいかアナカンにしては開花時間が少し長めな感もあり、
群生したら花ものとして面白いと思いますね。

おまけ。
一年前のビッグバザールで入手した謎アナカンも先日開花しました。
アナカンdays (6)
Anacampseros sp.
アナカンプセロスsp.
あちこち探りながらなんとなくグラハミアっぽい様に思っていましたが、
花もやっぱりグラハミアな感じがあります。
ただ、グラハミアで、これだけ葉が密な個体の写真というのも出て来ないんですが。
何となくコアフイレンシスGrahamia coahuilensisあたりが疑わしく思っているのですが、
どなたかお判りになる方っていらっしゃいますかね?

ケラリアけらけら、もしくはポーチュラカリアの真偽

今年は、私にとってはケラリア元年になりました。
ていうか、実のところ私のケラリア暦はまだ1月目。
先日の千葉での一件で、初めてのケラリアを二和園さんで獲得しておりまして。
さすがにケラリア・ピグマエアCeraria pygmaeaみたいな
高級品はおいそれと買えませんが。
まあ、ケラリア自体、多肉植物としては高級品な気もしますが、
中でもピグマエアは別格な気がします。

なにはともあれ、まずはポーチュラカリア「大銀杏」。
ケラリアけらけら、もしくはポーチュラカリアの真偽 (1)
Portulacalia cf.“Big Leaf” + Ceraria namaquensis
ポーチュラカリア「大銀杏」+ケラリア・ナマクエンシス
葉っぱデカいです。
最初、クラッスラの花月とかその辺のものかと思ってあっさりスルーしてたんです。
ポーチュラカリアのドマイナー品種で、私も今回初めて知りました。
かめさんが園主さんと話をしてなかったら
いまだにその存在を知らなかったかも知れません。

そして、この写真では判り難いかも知れませんが、
その頂部に坐しているのがケラリア・ナマクエンシスの極小苗。
購入当初は葉っぱが1枚しかありませんでしたが、
よく日に当ててガチに水を遣っていたら、次々と芽吹き始めました。
ケラリアけらけら、もしくはポーチュラカリアの真偽 (2)
Ceraria namaquensis
ケラリア・ナマクエンシス
活着してるか判らないよ、という事で
ちょっとした賭けだったのです。
肌の状態も悪くないですし、
これだけ葉が出てくればまあ一安心といったところでしょうか。

ケラリアは旧スベリヒユ科の中でも、ポーチュラカリアと共に
APGⅢでディディエレア(カナボウノキ)科(Didiereaceae)ポーチュラカリア亜科(Portulacarioideae)に分類される植物で、
まあ早い話が、かなり近縁な訳です。
ケラリアのピグマエアやこのナマクエンシスというのは
ポーチュラカリアに分類されていた時期もある様ですし。
その後知ったのですが、ケラリアはポーチュラカリアに接ぐと育ちが良いとのこと。

さて、二和園で初めて入手してから日も浅いというのに、
先日のビッグバザールで某・乙女の人とかめさんとが見付けてくれちゃったんですよね。。。
ケラリアけらけら、もしくはポーチュラカリアの真偽 (3)
Ceraria namaquensis
ケラリア・ナマクエンシス
葉っぱみっちり~~(´∀`)ノ
ナマクエンシス、早くも2株目です^_^;
こちらは大銀杏ではなく普通の銀杏木に接いであるみたいですね。
写真では白飛びしていて判り難いですが、一番下に銀杏木が小さく枝を出しています。

まあ、この手の植物は成長が速い訳でもないので、
自分の手で好みの姿に育て上げるよりも、
初めから気に入った樹形のものを選んだ方が無難だったりもします。

ちなみに、このケラリア・ナマクエンシスには
英語で“False Portulacaria”という別名がある様です。
ポーチュラカリアの“True and False”という訳です^_^;

ぢぇがむの記録

twilog
ツイッターのログが日毎に読めます。
twitpic
ブログネタにならない様な日常的な写真など。
ぢぇがむのぽすてらす
ネット上のお気に入り画像をクリップしてます。

ツイートとか

ブログ内検索

このページを共有

広告

日本直販オンライン

シャム・ワオ/1セット
シャム・ワオ/2セット
東急ハンズのネット通販「ハンズネット」120×60サイズ
東急ハンズのネット通販「ハンズネット」
 
 
 
 

People

BlogPeople

トラックバック・ピープル

ブログ村

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

HN: deagamn
性別: 非公開
自己紹介:
Yahoo!プロフィール
旧公開プロフィールはコチラ

お知らせとか

現在、システムの関係で予約投稿した際に個別記事ページが更新されない様です。通知が回ったのに記事が無い場合は、お手数ですがブログトップにお回り下さい。。。
m(_ _)m

ネームカード

このブログについて

コメントやトラックバックはお気軽に。ただし、スパム行為には厳正に対処させて頂きます。
識別が必要なコメントはメールアドレス欄に一意な内容を入力下さい。

ページ右側の「お気に入りブログ」は見出しをクリックすると開きます。
(2010.3.6~11.2: 5167)

最新コメント

返信のあるコメントには
返信マークが付きます。
無題
[12/20 roka79]
無題
[10/27 かめ]
はじめまして他
[09/17 如月無水]
無題
[07/23 roka79]
無題
[07/14 かめ]
無題
[07/08 takoyashiki]
カルニカラー!
[06/16 tsukino]

P R

解析中。。。

blogram投票ボタン
Copyright ©  -- Scríobhaim (仮) --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ